借地権売却の注意点


借地権は地主に無償で返還しなければいけないものと考えている方も多くいらっしゃるようです。しかし実際には、借地権を第三者へ売却することは可能です。ですが、借地権の売却、譲渡については様々な制約があり、地主との間でトラブルとなることも多くあります。一般的な借地権売買においては、借地権者である売り主の責任と負担において地主へ譲渡承諾料を支払い承諾を得る必要があり、承諾を得られた後に新借地権者である買主に対して借地権付建物を引き渡す事となります。

借地権を売却する際の条件交渉を行う場合には、売却や譲渡をする際の必要な譲渡承諾料、名義変更料をどれくらい支払う必要があるのかという点や、今後の契約内容はどうなるのかという点などを取り決める事となります。地主と何を取り決める必要があるのかという点については物件により個別的な要素も多く、具体的な話が進まないというケースもあり、なかなか調整が付かないといったケースもあります。

条件調整ができていないままの状態ですと地主からの譲渡承諾を得ることが不可能ですので売却は難しくなります。ですので、借地権付建物売買契約の条件に関する地主との交渉などを任せられる不動産会社を見つけるというのがストレス無く売買をすすめていく上では大切なポイントと言えます。


借地権とは


借地権とは建物の所有を目的とする地上権または土地の賃借権の事を言います。借地権には借地借家法に基づく借地権と民法上の借地権があります。前者は建物の所有を目的とする地上権及び土地の賃借権で、分かりやすく言うなら第三者の土地を借り、その土地に自己所有の建物を建てられる権利ということになります。

借りる人の事を借地権者と呼び、貸す側の地主のことを借地権設定者、底地人と呼びます。地主は土地を借りる対価として毎月地代を支払うことになります。借地借家法に基づく借地権には種類があり、土地の賃借権、地上権が一般的な借地権と言われるものになります。

借地権のメリットとしては、土地に対する固定資産税、都市計画税がかからないという点や所有権を購入するより安く、借地権付き建物として借地権の権利を売却する事も出来るという点が挙げられます。ただ、建物は自分のものであるけど、あくまでもその下の土地は他人のものです。地代の発生や土地賃貸借契約上や借地借家法上で地主との間に、例えば増改築や名義変更等に伴い各種手数料が発生してしまう、売却や譲渡、増改築には地主の承諾が必要である等、どうしても様々な制約が発生してしまう場合もあります。

 


借地権売買について


借地権とは他人の土地を建物利用などの目的で地代を支払い借りことのできる権利のことを言います。借地権には賃借権、地上権、永小作権、地役権、使用借権といった種類があり、借地権を有している被相続人が亡くなったケースの場合ですと通常通り相続対象となります。また、駐車場や資材置き場、ゴルフ場などのために借地しているものに関しては借地権には含まれません。土地を所有している方、マンション経営をされている方などにとって、借地権はとても大切な権利ですが、いざ借地権の売買を行ったり、相続したりするといった際に、どんな権利なのかよくわからないといった具合に困ってしまうケースも多くあるようです。そのため、現状は困っていないとしても、借地権について知識を持っておくということはとても大切であると言えます。

借地権を売却するためには地主の承諾が絶対に必要な条件となっています。まずは地主に売却の話をし、その意向を確かめることが先決なのです。地主の許可なしには一切の売買の話は前に進まないのです。不動産業界ではよく、土地と借地権はコーヒーカップとソーサーに例えて説明がされます。例えば10,000円するコーヒーカップでも、ソーサー単体には、ほとんど買手はつきません。上下が揃って初めて10,000円の価値があるということです。

売買はこのように、土地や借地権についてよく知っているものでないとスムーズには進みませんし、地主との交渉についてもやはり素人では難しい部分が多いのです。基本的な部分については自分で知識を持っていることはとても大切ですが、専門的な部分については不動産会社に任せるというスタンスがおすすめです。不動産会社のサービスとしては地主との交渉や借地権売買についてメリットの多い方法で進めるノウハウがありますし、無料での相談を行っている会社も多いのでまずは相談してみることをおすすめ致します。当サイトでは、借地権とその売買について役立つ情報をお伝え致します。ぜひお役立て下さい。


ˆ Back To Top