借地権とは


借地権とは建物の所有を目的とする地上権または土地の賃借権の事を言います。借地権には借地借家法に基づく借地権と民法上の借地権があります。前者は建物の所有を目的とする地上権及び土地の賃借権で、分かりやすく言うなら第三者の土地を借り、その土地に自己所有の建物を建てられる権利ということになります。

借りる人の事を借地権者と呼び、貸す側の地主のことを借地権設定者、底地人と呼びます。地主は土地を借りる対価として毎月地代を支払うことになります。借地借家法に基づく借地権には種類があり、土地の賃借権、地上権が一般的な借地権と言われるものになります。

借地権のメリットとしては、土地に対する固定資産税、都市計画税がかからないという点や所有権を購入するより安く、借地権付き建物として借地権の権利を売却する事も出来るという点が挙げられます。ただ、建物は自分のものであるけど、あくまでもその下の土地は他人のものです。地代の発生や土地賃貸借契約上や借地借家法上で地主との間に、例えば増改築や名義変更等に伴い各種手数料が発生してしまう、売却や譲渡、増改築には地主の承諾が必要である等、どうしても様々な制約が発生してしまう場合もあります。

 


ˆ Back To Top