借地権売却の注意点


借地権は地主に無償で返還しなければいけないものと考えている方も多くいらっしゃるようです。しかし実際には、借地権を第三者へ売却することは可能です。ですが、借地権の売却、譲渡については様々な制約があり、地主との間でトラブルとなることも多くあります。一般的な借地権売買においては、借地権者である売り主の責任と負担において地主へ譲渡承諾料を支払い承諾を得る必要があり、承諾を得られた後に新借地権者である買主に対して借地権付建物を引き渡す事となります。

借地権を売却する際の条件交渉を行う場合には、売却や譲渡をする際の必要な譲渡承諾料、名義変更料をどれくらい支払う必要があるのかという点や、今後の契約内容はどうなるのかという点などを取り決める事となります。地主と何を取り決める必要があるのかという点については物件により個別的な要素も多く、具体的な話が進まないというケースもあり、なかなか調整が付かないといったケースもあります。

条件調整ができていないままの状態ですと地主からの譲渡承諾を得ることが不可能ですので売却は難しくなります。ですので、借地権付建物売買契約の条件に関する地主との交渉などを任せられる不動産会社を見つけるというのがストレス無く売買をすすめていく上では大切なポイントと言えます。


ˆ Back To Top